最終更新日:2014/10/1

オール電化を導入してみよう

今までの説明から、オール電化は、クリーンで地球に優しい、安くて経済的、火を使わないので安全とうたっているが、火を使わないからといって、なべ自体が発熱してのやけど、てんぷら油などは370℃を超えると勝手に発火するため火事の危険性が無いことはありません。
また、クリーンと言っても電気の発生方法(太陽光発電だったとしても夜は無理)を考えるとクリーンであるとは言えないでしょう。

安くて経済的というのは正しいでしょう。
初期費用を考えても、数年使えば戻ってくるので(節約分として)、これは事実です。

また、オール電化の新築住宅はまだ約30%ほどですが、安くて経済的という理由から、もっと加熱していくと思います。
そのほかにも、高層マンションなどで、オール電化は進んでいることから、業界からの後押しもあって、少しずつではあるかもしれませんがオール電化を使用・導入する人は増えていくでしょう(望む、望まないに限らず)。

ただ、そうなっていくと困るのがガス屋(?)などのガスを売る業者です。
そのため、オール電化のここが悪いとか、ここが効率悪いとかのホームページが多くなってきます。
すると、鵜呑みにしてしまう消費者はガスに移行するので、今度はオール電化を進める側がガスよりいいなどのホームページが多くなるでしょう。

実際、このサイトを作ってきた中で、そういうサイトもありました。
たぶん、そういうサイトのほうが多かったかもしれません。『ガス屋』V.S『オール電化推進業者』という図式ができあがっているような感じがします。
どちらも、相手の揚げ足をとるようなことを、ぐだぐだかいています。

消費者の中にも、ガスが良くないとか電気は良くないと書いているページを作っているのも見かけました。
根拠があーだこーだ書いてありましたが、自分がガス併用だからガスがいい、自分がオール電化だから電気がいい、というホームページが多かったです。

これも鵜呑みにしている証拠です。自分に有利なほうしか見ていないんですから。
自分から見たら踊らされているような感じがして、ひどく滑稽に見えます。

みなさんは、このサイトを見て、オール電化のメリットとデメリット、両方を理解したと思うので、大丈夫でしょう。
オール電化だったら何が良くて何が悪くて、自分が住むのに適しているのはどっちかを考えて、最適なのを選びましょう。


おすすめWEBサイト 5選


茨城県の住宅着工ランキングを検索



最終更新日:2019/3/12