2014/10/1 更新

オール電化とソファの組み合わせで、さらに快適な暮らしを!

最近だと、オール電化は当たり前、そのほかの部部にも電化製品を取り入れてこそと言われるほどになりました。
太陽光発電を組み合わせたエコ生活がベースとなっており、更なる生活のオール電化、エコ生活の進化を求められるようになってきております。

一般的には、キッチン・風呂周りまでのオール電化は行なわれていますが、それから先の電化製品は個人個人でチョイスして生活に取り入れる形となっております。
世間一般の家庭だと、オール電化の後は床暖房を取り入れるか取り入れないかというぐらいでしょう。

そこで、個人的にオススメしたいのが、ソファという家具です。もともとは介護用のベッドからだと思いますが、最近はソファにも電動化が行なわれ、非常に使い勝手の良いソファが増えてきているからです。
特に世の中のお父様やお母様には、マッサージソファなんてのは、非常に欲しかったりするんじゃないでしょうか?

そんな電動化ソファを生活に取り入れて、更なる快適な暮らしを求めるのも良い事だと私は思います。
ソファに関する情報を用意しましたので、電動ソファの導入を考えながら、一読してもらえれば幸いです。

ソファベッドの基本設計思想

ソファベッドは、ソファとしての機能を残しながら、ベッドとして使用できるというコンセプトから生まれた家具・寝具の1つです。
これらの基本設計は、折りたたみベッドからの派生と言われていたりもしますが、詳しい事実ははっきりとしておりません。

ソファベッドはの魅力は、やはりその便利さや使用感によるところが大きいでしょう。
普段はソファとして、部屋のインテリアを兼ねた使い方も出来、いざと言うときは来客用のベッドにする事も可能になります。部屋の大きさがあまり広くない場合にも有効で、狭いスペースを有効活用できるともいえます。

インテリアとしての質も上がってきているので、機能面とインテリア面の両面を押さえたアイテムとして、若者を中心にじわじわ広がっているとか?
確かに一人暮らしの部屋にも、ソファベッドがある事は多い気がしますね。
激安ソファのu lifeでの購入者が多いって事なんでしょうかね?

ソファベッドは基本的にソファを3連ねたような形、大きさとなっております。
これは、一番最初にソファをベッドとして使用した際にソファを3個連結させた事から来ているとされております。
確かにソファベッドを買わないでベッドとして使用するだけならこの方法でも十分だったでしょう。
幅が狭くて寝返りの際落ちるのでは?と思われた方も居るかもしれませんが、背もたれ部分があるので、そこへ重心を傾けておけば、中々落ちる事は無かったと言われています。
いやはや、昔の人の考えや発想は凄いものです。ひとえに楽をしたいからとも取れなくはありませんがね(笑)

 

ソファベッドの作り

ソファやソファベッドは、通常着席クッションの下に繰り広げることができるメタル・フレームと薄いマットレスを持っているソファが大半だったりします。
座ったり寝転がったりする際のマットレスをキレイにおけるため設置されています。
マットレスは各ソファごとに共通ですが、せっかく電動ソファを導入するのですから、このフレーム部分とマットレスの部分は是非とも拘りたいところ!
伝導で動くのに、肝心のソファの座り心地や使い勝手か悪いと魅力も半減してしまいます。

しかし、基本的に電動ソファベッドというものは、変形システムと使用感に重点を置いているので、デザインさえ気に入れば何の問題も無く使用できます。
上質のスポンジやバネ式マットレスベッドが標準で使用されているので、デフォルトのままでも使い心地はかなり高いと言えるでしょう。
滑らかなメカニズムをもっているこのソファベッドは、毎朝の起床もすっきりとしたものにしてくれると思います。

電動ソファではなく、介護ベッドから派生した電動ソファベッドに関してですが、最近は思ったよりも多くのデザインの物が世の中に出てきています。
一般的な簡易寝台サイズのソファベッドから、現代の働く女性用のクィーンサイズのソファベッドと、大きさに関しても種類が多くなってきております。
殆どの電動ソファベッドが長年見られた標準のソファベッドのキャンバスメカニズムを含んでおり、これが電動で動くものだから、老若男女問わず、海外では凄い人気になっているそうですよ。
インテリアとしてのつくりにも力を入れてきていることも人気の1つでしょう。
中には、フレーム部分だけを使用して、沸くやデザインを自分で作り直し、インテリア面を高めて使用している方も居るとか… さすが海外のお方、インテリアデザインへのこだわりは半端内ですね!

参考までに、ソファベッドのサイズは、60インチ×72インチとなっており、平均的なマットレスの厚さは4.5インチとなっております。

ソファベッドで寝ると言う事を前提に

近代的なソファベッドは、機能性とデザイン・快適な生活といった要素を混合し提供する1つの寝具・家具です。
人間は1日の生活時間の夜の大半を睡眠に費やします。人生の3分の1は寝る生き物とされるほどです。
このような生態であるからこそ、私はベッドやソファにはぜひとも拘って欲しいと考えております。
ソファベッドやベッドでの睡眠は一日の疲れを残さない為の、安眠を約束できるものでないと損をしてしまうと言う考えからです。

そんな直ぐには寝ないよ?と言う方も中にはいらっしゃるでしょう。
それでも、ベッドの上で本を読んだり横になったり、ソファに座ってまったりとテレビや音楽を楽しんでいる方は多いと思います。そのような生活をしている方にも、更に快適な生活を得る為に、電動ソファをオススメしたいですね。

電動ソファ・ソファーベッドのインテリア性

電動ソファやソファベッドはインテリアデザインの方も、格段に向上しており、普通のインテリア用品と大差ないつくりになってきています。

分譲住宅の若干狭いベッドルームにも収まるように設計されているものもありますので、自室やベッドルームのインテリアを兼ねた設置も可能となっています。
実際に私もモノトーン調のインテリアでまとめている自室に、電動ソファベッドを購入し使用していますが、部屋の雰囲気はまったく損なわれませんでした。

中には、自分の気に入ったデザインの電動ソファベッドを発見したのに、色が合わないといったことはあるかもしれません。
しかし、そういう場合はマットレス部分の色やシーツカバーの色を変更すれば、殆ど気にならなくなると思われます。

インテリアとしての使用も、自分の考えや発想で違和感無く使えるのも魅力ですね。
インテリアと機能面をもち、太陽光発電と絡められる電動ソファベッド、さぁ、そこの貴方も使用してみませんか?


おすすめWEBサイト 5選




2019/7/12 更新