最終更新日:2014/10/1

各会社のエコキュートについて

各会社のエコキュートはどんな特性があるのか見ていきましょう。


三菱電機のエコキュート

エコキュートで使われているヒートポンプ式のメリットは二酸化酸素を排出しないことと、フロンガスも排出しないこと。
このエコな給湯器を各社が競って製品の開発をしています。

また、とても低騒音であり、効率的にお得な時間にお湯を沸かすことができるでとても経済的であるといえます。

水も経済的に使用できるようになっています。
しかし、東京電力でも紹介されているのはなぜでしょうか。


東芝のエコキュート

東芝エコキュートの最大の特長は、エコキュート業界初となる、湯かげんコントロールシステムといえるでしょう。
これは、給湯・湯はり・湯加減が3つのバルブより全てそれぞれに合った温度にコントロールしてくれるというものです。

東芝エコキュート・最適な状態で運転追い炊きは早く。保温はマイルドに。最適な状態で運転がされます。

湯かげんバルブにおいては前日の残り湯を優先的に使うことができます。ムダなく効率よくできます。


日立のエコキュート

日立のエコキュートはエコキュートの業界初といえる、『風呂追い焚き機能』を採用しました。

追い炊き専用の強力熱交換機を採用することにより、電気温水器での追い炊きができるようになったのです。

この追い焚き機能はとても強力で、200Lのお湯であれば3分で42度まで温め直すことができます。

風呂好きにはたまらなく嬉しい機能だと思います。


ダイキンのエコキュート

ダイキンの最大の特長は省エネ、業界トップクラスの省エネを実現させています。

その1つ目の理由としては、ダイキンならではのヒートポンプ技術でしょう。
電気ヒーターと比較すると、ヒートポンプは三分の一の電気エネルギーの消費ですみます。

それに加えて、ダイキンのエコキュートでは独自の省エネ技術が加えられています。そして、さらに省エネ率をあげているのです。


ナショナルのエコキュート

最大特長は、タンクのコンパクト化でしょう。

ナショナルは独自の高性能断熱材の採用によって、保温性はそのまま、300Lサイズ並みの大きさで370Lの容積を実現することができました。

これは、エコキュート業界ではナンバー1です。

また、コーナーが丸く作られている物もあり、圧迫感が少し軽減されています。


コロナのエコキュート

2001年4月にコロナが世界で初のエコキュートを発売しました。

これにより、いろいろな賞を授与されたため、今格段に広がっているんではないでしょうか。

コロナのエコキュートは高効果率なヒートポンプで効率よくお湯を沸かすことができます。

そしてタンクには特殊生計断熱材が使用されています。
これによって効率よくお湯を保温することができます。

冷めてから再度湯沸しする必要がなくなるので、省エネ効果が得られるのです。


Valuable information


八王子で家づくりにノウハウを持つ工務店です



最終更新日:2019/6/25